浄妙寺門前の桜

足利氏の菩提寺、浄妙寺門前の桜並木

金沢街道(旧 六浦道)沿いにある寺社のまとまった桜はほぼここが東端。室町幕府を開いた足利氏の菩提寺という格式が桜に風情を加えます。

エリア浄明寺・十二所
住 所鎌倉市浄明寺3-8-31
アクセス「鎌倉駅」よりバス「浄明寺」下車すぐ

浄妙寺門前の桜。鎌倉駅からバスに乗り「浄明寺」バス停を降りて浄妙寺山門に至る参道に植えられています。

浄妙寺門前の桜。鎌倉駅からバスに乗り「浄明寺」バス停を降りて浄妙寺山門に至る参道に植えられています。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索

室町幕府を開いた足利氏の菩提寺、浄妙寺。かつて浄妙寺の隣には足利氏の屋敷があり、足利尊氏も居住していました。桜は、金沢街道(旧 六浦道)から浄妙寺山門まで続いています。寺の側にある鎌足稲荷社には鎌足桜もあります。

鶴岡八幡宮から金沢街道を歩いて下る場合、道中の桜は少しずれたものも含めると、おおむね以下のようになります。宝戒寺、横浜国大附属小・中前、大蔵幕府跡付近、花の橋、浄妙寺前、明王院、明石橋付近、ハイランド。

関連記事

浄妙寺について

浄妙寺の梅

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です