浄智寺の桜

鎌倉一の立彼岸

浄智寺は立彼岸(タチヒガン)の名所として知られています。立彼岸は桜(ソメイヨシノ)より1週間から10日早く咲くため、時期に注意が必要です。

エリア北鎌倉
住 所鎌倉市山ノ内1402
アクセス「北鎌倉駅」下車、徒歩6分

浄智寺の桜。背後の枝垂桜も見所。

浄智寺の桜。背後の枝垂桜も見所。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索

浄智寺最大の見所は鎌倉市の天然記念物に指定されている名物の立彼岸(タチヒガン・2株)。歴史に育まれた静けさを実感しながらみる立彼岸や枝垂桜は格別の味わいがあります。

立彼岸は桜よりも1週間〜10日早く咲きますが、時期を計れば桜と一緒に見ることができます。

北鎌倉駅を降りたら上りホーム側から改札を出てください。駅前の通りを左折し、6分ほど歩き踏切手前を右手に曲がると浄智寺の山門が見えてきます。

立彼岸は鎌倉石の階段を登り、受付の背後にあります。一際高い木ですからすぐにわかると思います。そして正面には見事な枝垂桜があります。

桜の季節、浄智寺に寄られるならぜひ葛原岡・大仏ハイキングコースを使い源氏山公園の桜もぜひ見物してください。浄智寺左側の道をまっすぐに進むと階段があり、そこからハイキングコースに入り、30分も歩けば源氏山公園につきます。北鎌倉駅から歩いて国道を右折して以来、源氏山公園まで静かな鎌倉の道を堪能できます。

関連記事

浄智寺について

浄智寺の梅

浄智寺の紅葉

立彼岸について

浄智寺の桜フォトギャラリー

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です