円覚寺のあじさい

(えんがくじのあじさい)

大伽藍ならではのあじさい

鮮やかな緑に染まった円覚寺の広大な境内、あじさいがとても深い印象を与えてくれます

エリア北鎌倉
住 所鎌倉市山ノ内409
TEL0467-22-0478
拝観8:00~16:30/300円
アクセス「北鎌倉駅」下車、徒歩1分

仏殿背後の杉木立に咲くあじさい。夏らしい雰囲気です。

仏殿背後の杉木立に咲くあじさい。夏らしい雰囲気です。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

あじさい寺といわれる明月院や成就院、2,500株もの株がある長谷寺は一面あじさいという、ぎゅっと詰まった感じが魅力的ですが、ここ円覚寺は広大な境内にゆったりと咲くあじさいが楽しめます。種類としては、明月院と同じ紫のタマアジサイをメインに、いくつか白のタマアジサイやガクアジサイが植えられています。

全体としては境内右側にある、受付あたりから方丈へとむかう参道に多くのあじさいがありますから、三門、仏殿へと進む通常の参拝経路を少し変えてみましょう。総門を入って受付を過ぎると、三門階段右手にまずタマアジサイの紫がみえてきます。これをみつつ階段を上がり、三門手前右手のあじさいをながめてから三門右手の参道を少し戻りながら道沿いのあじさいを堪能してください。

その後、道を戻りながら進み、仏殿右手の大きなあじさいをみながら方丈手前を道なりに左に曲がり妙香池に出ます。妙香池をすぎて、佛日庵とその周辺はあじさいの見所です。佛日庵の境内には端正なガクアジサイがありますし、腰掛けがあって冷たいお抹茶やコーヒーが飲めます。拝観料が別途100円かかりますが、境内で唯一煙草をつけることもできます。暑い夏でもありますから休憩を兼ねて参拝されるのもよいと思います。

佛日庵を出て黄梅院に向かうと、黄梅院階段の上り口に白いタマアジサイがあり、これが夏の暑さを忘れさせてくれるような端正な雰囲気です。帰路は妙香池を過ぎてまっすぐ進み、きた道とは違う参道を戻ります。仏殿手前にあじさいがあり、杉木立とあいまってとてもきれいです。

地図は境内の主なあじさいスポットをポイントしてあります。細かいので拡大して御覧ください。

関連記事

円覚寺について

円覚寺の梅

円覚寺の紅葉

鎌倉 あじさいの名所&見頃2015

円覚寺のあじさいフォトギャラリー

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です