長谷寺の梅

(はせでらのうめ)

黄梅、蝋梅、紅梅、白梅、枝垂梅、種類も質も良し

「鎌倉の西方極楽浄土」と称する長谷寺は四季の花木が丁寧に設えられています。梅ももちろん抜群です。海に近く暖かな長谷の気候を反映して鎌倉でも早めの開花です。

エリア長谷・腰越
住 所鎌倉市長谷3-11-2
アクセス江ノ電「長谷駅」下車、徒歩5分

長谷寺山門の梅。長谷寺は梅といい、紅葉ライトアップといいこの場所がとても写真映えします。山門と提灯、背後に広がる山には境内が見える。長谷寺の顔はとてもよいなといつも思います。

長谷寺山門の梅。長谷寺は梅といい、紅葉ライトアップといいこの場所がとても写真映えします。山門と提灯、背後に広がる山には境内が見える。長谷寺の顔はとてもよいなといつも思います。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索

四季の花木が丁寧に設えられた長谷寺は梅についてもいうことなしの見所です。暖かい長谷の気候を反映して、瑞泉寺などの山深いお寺さんよりも早く咲きます。

参道をゆくと、山門前、左右に梅が迎えてくれます。入口を入るとすぐ池と共に深紅の紅梅と白梅のそろい踏み。長谷寺のこの紅梅、紅の深さは知る限り鎌倉一です。右に進むと池沿いに白梅と紅梅が並び、池の真ん中を抜けて階段へと向かうところには枝垂梅が咲きます。

階段を登っていくと途中になかなかみられない立派な黄梅。階段を登りきり、本堂の平場に出ると、すぐ脇の足元には蝋梅(素心蝋梅=ソシンロウバイ)、梵鐘前には白梅が。

本堂の前あたり、山門方向をみると河津桜が咲いています。本堂の手前にも、大黒堂前の白梅は枝振りが独特、さらに論像の前まで進むと、珍しい万作(マンサク)があります。日本原産の万作は2月中旬から3月上旬、ちょうど梅と同じ時期に咲きます。論蔵前の池にはこの頃、木瓜(ボケ)も開き始め、椿も咲きます。

関連記事

長谷寺

長谷寺の紫陽花(あじさい)

長谷寺の紅葉

フォトギャラリー

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です