スポンサー広告

十三人合議制

三善康信

三善康信。頼朝の乳母の妹を母とする京都の下級貴族。鎌倉幕府問注所初代執事。

大江広元

大江広元。式部少輔大江維光の子、中原広季の養子となる。鎌倉幕府政所初代別当。幕府創設に大きく貢献した文官御家人。

中原親能

中原親能。明法博士、中原広季の子で大江広元の兄。鎌倉幕府政所公事奉行。頼朝を助けた文官御家人。関東に育ち後白河法皇に院仕として仕えた後、頼朝に仕えた。源義経の軍勢とともに1184年(元暦元年)正月に入京し公家らとの交渉にあたり、梶原景時らとともに平家追討軍奉行として再度上洛した。

『集古十種』の安達盛長。

安達盛長

安達盛長。頼朝流人時代から仕えた側近。頼朝の乳母比企尼の娘である丹後内侍を妻としたことから、頼朝が伊豆蛭ヶ小島に入るとなると側に仕え、京都の情報を頼朝に伝える役目も果たした。

『集古十種』の梶原景時。

梶原景時

梶原景時。梶原景清の子。現在も残る御霊神社の祭神である鎌倉景政と同じ鎌倉氏の一族。頼朝挙兵当初同族の大庭景親に従い石橋山の戦いに参戦。

北条義時

北条義時。北条時政の子。姉の政子が頼朝の妻となったことから頼朝とともに挙兵。治承・寿永の乱を戦う。

『柳庵随筆』の北条時政。

北条時政

北条時政。 北条時方の子。伊豆国田方郡北条の在地豪族。伊豆に配流となった頼朝の監視役となり娘の政子が頼朝の妻となったことから歴史に登場する。

比企能員

比企能員。 比企尼の養子(実の甥)。頼朝の乳母である比企尼は頼朝が伊豆に配流となると郡司職となっていた武蔵国に下向してまで支援を続けた。

『前賢故実』の和田義盛。

和田義盛

和田義盛は三浦義明の子、杉本義宗を父とする。本家三浦一族とともに頼朝挙兵に味方し即座に出兵するも大雨により渡河できず、その間に頼朝が石橋山の戦いに敗れてしまう。

『前賢故実』の三浦義澄。

三浦義澄

三浦義明の子。頼朝の父義朝、頼朝とともに平治の乱を戦った源氏譜代の家臣。

スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

976人の購読者に加わりましょう

PR

本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。