山吹

(ヤマブキ)

鮮やかかつ慎ましやかな色合い

山吹色と名があるのも頷ける鮮やかかつ慎ましやかな色合いです。山間の湿地に群生する水を好む習性があります。4月上旬〜5月上旬、鎌倉では海蔵寺、安国論寺、円覚寺、妙本寺などに咲きます。

開花時期4月上旬〜5月上旬
主な見所海蔵寺安国論寺円覚寺

海蔵寺の山吹(ヤマブキ)。本堂左手、池と岩壁に挟まれた場所に咲いています。

海蔵寺の山吹(ヤマブキ)。本堂左手、池と岩壁に挟まれた場所に咲いています。

バラ科ヤマブキ属の落葉低木。春の季語。山地に生えており、庭木にもされます。山吹色といわれる鮮やかな黄色の花を咲かせます。他に家紋にされたり、山吹織や木曽義仲の便女、山吹御前など様々な名に使われ愛されています。葉は狭卵形をして鋸歯があり、春になると“山吹色”の五弁の花をつけます。

扇ガ谷上杉家の家臣として現在英勝寺となっている場所に屋敷を構え、江戸城を築いたことで有名な室町時代後期の武将、太田道灌(1432-1486)に山吹に関する逸話があります。

越生(おごせ/現在の埼玉県入間郡)に来ていた道灌はにわか雨に遭い、蓑をかりようと一軒の農家を訪ねます。出てきた娘は一輪の山吹を差し出しました。蓑を借りたいのに山吹の花を渡された道灌は腹立たしく思った。

道灌は後にこのことを家臣に話すと、その心を説いてくれました。「それは後拾遺和歌集にある兼明親王の古歌“七重八重 花は咲けども 山吹の実一つだに なきぞ悲しき”にかけて、貧しい茅葺き農家のため蓑(実の)一つだにないということを、奥ゆかしく返答したのだ知ります。古歌を知らなかったことを恥じた道灌は、その後歌道よくし、名高い歌人となりました。

関連記事

  • 太田道灌屋敷跡太田道灌屋敷跡 太田道灌屋敷跡。英勝寺の地は、かつて摂津源氏の流れをくむ扇ガ谷上杉家の家宰、太田道灌の屋敷でした。室町後期を代表する名将であり、江戸城を築いたことでも知られています。 […]
  • 光則寺の紅葉光則寺の紅葉 鎌倉光則寺の紅葉の紹介ページです。花の寺として知られる光則寺の紅葉は里山の紅葉という雰囲気です。しみじみと秋を感じることができます。光則寺の紅葉最大の見どころは、本堂手前右手より […]
  • 萩(ハギ)萩(ハギ) 紅紫や白の小さな小さな花を咲かせる萩(ハギ)。秋の七草の一つで、古から日本人に親しまれてきました。鹿鳴草、鹿の花妻、風聞草、月見草などの別称があります。鎌倉では萩寺といわれる宝戒 […]
  • 泰山木泰山木 泰山木 (タイサンボク) 大きく美しい花 中国原産の雰囲気がありますが、北米中南部原産のモクレン科の常緑高木。6月中旬~7月上旬、ク […]
  • 牡丹(ボタン)牡丹(ボタン) 牡丹(ボタン) (ぼたん) 古くから愛された花の王 ボタン科の落葉小低木。大昔、中国から入ってきた牡丹は日本でも古くから観賞用として […]
  • 小手毬(コデマリ)小手毬(コデマリ) 小手毬(コデマリ) (こでまり) 愛らしい様が人気、別名スズカケ 開花時期4月 主な見所浄妙寺、長谷寺、海蔵寺 […]
スポンサー広告