藤(フジ)

(ふじ)

山野に自生するマメ科の蔓性落葉低木

5月頃、紫色の蝶形の花が垂れ下がります。鎌倉では4月下旬から咲き始めます。鶴岡八幡宮や長谷寺、光則寺などの名所では設えた優雅な姿が見られます。鶴岡八幡宮は弁財天前と神苑牡丹園入口付近に藤棚があり、長谷寺は受付の平場と階段を上がったところ、さらに本堂前と3か所に藤があります。光則寺は門前に藤と白藤が並んだ藤棚があり、別願寺の藤は大きな木に巻き付いてなかなか豪快です。他にも鎌倉宮瑞泉寺、光触寺などに藤棚があり、光則寺に向かう道や江ノ電長谷駅の藤沢方面ホーム右手など道々にみられます。それとともに毎年足が向いてしまうのが、名越切通しの藤。青々として緑の山にこつ然と現れる自然の藤の紫は、いつも心を奪われます。

開花時期4月中旬~5月上旬
主な見所 鶴岡八幡宮英勝寺鎌倉宮瑞泉寺浄妙寺光則寺長谷寺光触寺別願寺

名越切通しの藤(フジ)。名越切通しの逗子側、大切岸から少し浄明寺方面に向かうと見えます。

名越切通しの藤(フジ)。名越切通しの逗子側、大切岸から少し浄明寺方面に向かうと見えます。

鎌倉の藤フォトギャラリー

関連記事

  • 牡丹(ボタン)牡丹(ボタン) 牡丹(ボタン) (ぼたん) 古くから愛された花の王 ボタン科の落葉小低木。大昔、中国から入ってきた牡丹は日本でも古くから観賞用として […]
  • 石楠花(シャクナゲ)石楠花(シャクナゲ) 石楠花(シャクナゲ) (しゃくなげ) ツツジ科の植物。ツツジより早く、桜の頃から咲き始めます。ツツジより柔らかい雰囲気が独特の魅力を感じさせます。 […]
  • 小手毬(コデマリ)小手毬(コデマリ) 小手毬(コデマリ) (こでまり) 愛らしい様が人気、別名スズカケ 開花時期4月 主な見所浄妙寺、長谷寺、海蔵寺 […]
  • 立彼岸(タチヒガン)立彼岸(タチヒガン) 彼岸桜ともいわれるタチヒガン(立彼岸)はエドヒガン(江戸彼岸)の別名。桜より若干早く咲きます。鎌倉では浄智寺のタチヒガンにつきるという感じです。 […]
  • 諸葛菜(ショカッサイ)諸葛菜(ショカッサイ) 諸葛菜(ショカッサイ) (しょかっさい) 寺社やハイキングコースに多くみられる諸葛菜。梅が終わった春の季節に薄紫の花を咲かせます。 […]
  • 著莪(シャガ)著莪(シャガ) 中国から大昔に入って来たといわれます。種子が発生しないことから日本にある全ての著莪(シャガ)は同一の遺伝子を持っています。そのため、人の手の入っていないところには自生しません。著 […]
スポンサー広告