北条高時 腹切りやぐら

(ほうじょうたかとき はらきりやぐら)

鎌倉幕府滅亡の地、凄みのある場所です

北条高時の腹切りやぐらとして有名な場所です。倒幕軍に追いつめられ、高時を始め北条一族、幕府の主要御家人など数百人が自害しここに鎌倉幕府は滅亡しました。

エリア大町・小町
住 所鎌倉市小町(祇園山ハイキングコース、小町側出入口付近)
アクセス「鎌倉駅」下車、徒歩15分

鎌倉幕府、北条得宗家滅亡の地として、落武者の姿が見えたとか子供の頃からいわゆる霊的な噂が絶えない場所です。噂の真偽はさておき、大変凄みのある場所であることは確かです。撮影のために久しぶりに訪れ、平日のため誰もいない腹切りやぐらと向き合うと子供の頃には感じなかった凄みを感じました。

元弘元年(1331年)、後醍醐天皇は倒幕の兵を挙げます。護良親王や楠木正成がこれに応じて挙兵。一度は幕府軍に敗れ、後醍醐天皇も捕らえられてしまいますが、潜伏していた護良親王、楠木正成が翌元弘2年(1332年)に再び挙兵、倒幕の流れは全国に波及、赤松則村、足利尊氏、新田義貞などが倒幕軍に加わり、幕府軍を鎌倉に追いつめます。元弘3年(1333年)5月22日、いよいよ最期を悟った北条高時を始めとした北条一族、幕府の残党800余人は東勝寺へと逃げ込み、この地で自害しました。

中高生あたりで読んだ『太平記』を思い出し、確かそこには何百人もの人が自害したと書かれていたように思い出します。浄明寺地域の山から多数の人骨や五輪塔などが出土し、東勝寺合戦の史実が確かめられています。

関連記事

  • 東勝寺跡東勝寺跡 鎌倉時代の最高権力者、北条得宗家の氏寺として隆盛を極めた寺院であり、北条一族終焉の地ともなったのが東勝寺です。祇園山ハイキングコースとの組み合わせで楽しむとよいと思います。 […]
  • 東勝寺橋東勝寺橋 最後の執権、北条高時らはこの橋を渡って最期の地となった東勝寺へと逃げました。青砥藤綱の故事では舞台となり、そして現在の橋も鎌倉に残る唯一の大正期に造られた美しく貴重なアーチ橋です […]
  • 紅葉山やぐら紅葉山やぐら 鎌倉には柔らかい地層をいかしたやぐらが多くあります。ここ紅葉山やぐらは北条得宗家の屋敷内であるため、ゆかりの納骨やぐらだと考えられています。 […]
  • 土佐坊昌俊邸跡土佐坊昌俊邸跡 義経追討に活躍した土佐坊昌俊の屋敷跡です。土佐坊の命を賭けた仕事によって頼朝は堂々と義経追討の軍を動かしたのでした。 […]
  • 日蓮上人辻説法跡日蓮上人辻説法跡 日蓮は清澄寺、鎌倉、比叡山などでの修行を経て、1253年4月28日清澄寺にて悟りを開き立教開宗を日蓮上人辻説法跡。日蓮は清澄寺、鎌倉、比叡山などでの修行を経て、1253年4月28 […]
  • 稲村ヶ崎稲村ヶ崎 1333年5月21日、鎌倉を包囲した新田義貞の倒幕軍は天然の要塞である鎌倉の固い守りに苦戦しますが、この稲村ケ崎を伝説となった龍神の助けとともに突破し、鎌倉幕府を倒すのです。 […]
スポンサー広告