続・最後から二番目の恋 第10話 ロケ地 地図つき

続・最後から二番目の恋 第10話 ロケ地 地図つき

中井貴一、小泉今日子(以下、敬称略)による鎌倉を舞台にした中高年の恋愛ドラマ『最後から二番目の恋』(フジ系22:00〜)の続編が4月17日(木)から始まりました。第10話、6月19日(木)に放送された分のロケ地です。

地図上のポイントにマウスをのせると説明が表示されます。地図は詳細にポイントされていますので、ご希望の場所があれば拡大してください。
※この記事に掲載された情報を転載する場合、リンク元として本サイトへのリンクを載せてくださいませ。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
ルートを検索

『最後から二番目の恋』各回のロケ地
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話スペシャル

『続・最後から二番目の恋』各回のロケ地
第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話

『続・最後から二番目の恋』ロケ地とあじさい、ルートガイド(地図つき)はこちら



<1>長倉家
御霊神社門前の江ノ電踏切を渡ってすぐのところ。長倉家にいく道はふたつあり、ひとつは極楽寺坂の下あたりにある力餅家の脇の道を行き、もうひとつは江ノ電長谷駅前を通る道からゆきます。後者は、長谷寺付近と江ノ電踏切沿いから入り、御霊神社を抜けていきます。ドラマ中でも2通りでてきます。長倉家は一般住宅ですから通りからみることしかできません。御霊神社については寺名をクリックすると詳細が表示されます。

<1>『続・最後から二番目の恋』。前作に続く長倉家。御霊神社の門前です。

<1>『続・最後から二番目の恋』。前作に続く長倉家。御霊神社の門前です。

ドラマ『最後から二番目の恋』『続・最後から二番目の恋』の舞台となった長倉家は御霊神社門前にあります。ドラマそのものの景色です。

ドラマ『最後から二番目の恋』『続・最後から二番目の恋』の舞台となった長倉家は御霊神社門前にあります。ドラマそのものの景色です。

<2>冒頭、あじさいと海の風景
極楽寺坂にある成就院から望む鎌倉の海です。このドラマによく出てきます。前回はシャガが入った風景でした。成就院は明月院とともにあじさい寺と呼ばれ、『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』の舞台ともなりました。般若心経の文字数と同じ262株のあじさいが咲きます。成就院のあじさいは昨年(2013年)に植え替えられたため、今年や来年は株が育って迫力が増します。

成就院からみる鎌倉の海とあじさい。

成就院からみる鎌倉の海とあじさい。

<3>中井貴一(長倉和平)がジョギング中の小泉今日子(吉野千明)と会う海岸
本作、前作と頻繁に登場する海岸。長倉家として設定されている御霊神社門前に近い、由比ケ浜海岸西側の坂ノ下地域です。

前作、本作通じて多く登場する由比ヶ浜海岸の西、坂ノ下地域。長倉家から近い海岸です。

前作、本作通じて多く登場する由比ヶ浜海岸の西、坂ノ下地域。長倉家から近い海岸です。

<4>中井貴一(長倉和平)と小泉今日子(吉野千明)が人間ドックの後に食事するレストラン
葉山テラス ル・シエル・ブルー(神奈川県横須賀市秋谷4238-1、http://www.hayama-terrace.com/restaurant/index.php)。ここで中井と小泉は「ここ鎌倉はよいね」的な話をしますが、ここは横須賀市秋谷です。この海岸線にはいくつかドラマに出てくるような欧風レストランや喫茶がありますのでまぎらわしいのですが、写真奥に見えている長者ヶ崎との距離感から恐らく同店であると思われます。
鎌倉から国道134を東南に下り、逗子の渚橋を過ぎたら右折、海岸線をそのまま走ります。葉山マリーナ、葉山御用邸、そして長者ヶ崎すぎると少し長いまっすぐな道に出ます。このあたりの左側にある小さな山にあるのが同店です。南フランスの料理を供し、ランチ4,000円〜という感じの料金設定。

横須賀市秋谷、長者ヶ崎の少し先にある葉山テラス。

恐らく、横須賀市秋谷、長者ヶ崎の少し先にある葉山テラス。写真奥にみえているのは長者ヶ崎。

<5>中井貴一(長倉和平)と小泉今日子(吉野千明)が昼キャバする店

川崎にあるナイトイン宝塚(神奈川県川崎市川崎区砂子2丁目9-8)。ここに至る前に食事していたのは横須賀市秋谷ですから随分移動したものです。それは制作の都合ということで仕方ないのですが、これまでのドラマの雰囲気を活かし、鎌倉から近く、海の雰囲気もあってキャバクラもある場所、といえば川崎より藤沢でしょう。

<5>中井と小泉が人間ドックの後、飲みに行く昼キャバ、川崎のナイトイン宝塚。

<5>中井と小泉が人間ドックの後、飲みに行く昼キャバ、川崎のナイトイン宝塚。


<5>中井と小泉が人間ドックの後、飲みに行く昼キャバ、川崎のナイトイン宝塚。

<5>中井と小泉が人間ドックの後、飲みに行く昼キャバ、川崎のナイトイン宝塚。

<6>中井貴一(長倉和平)と坂口憲二(長倉真平)が出会う道
極楽寺坂を上がったところ、導地蔵前の橋の上。中井貴一は極楽寺駅を降りて歩いてきて、坂口憲二は長倉家からの帰りという設定ですから、坂口憲二がくる方向は現実には違います。何か寄り道したという感じでしょうか。

<6>中井と坂口が出会う道。導地蔵前の三叉路。

<6>中井と坂口が出会う道。導地蔵前の三叉路。

<7>中井貴一(長倉和平)と坂口憲二(長倉真平)が飲みに行く店
シードレスバー(神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-9-1 2F)。国道134号沿い、由比ヶ浜海浜公園となりにあります。10〜15年くらい前にできたような気がします。カリフォルニアスタイルといった感じです。いくなら暖かな春夏がおすすめ。秋冬、鎌倉は普通に冷え込みますから。

<7>中井と坂口が飲みにいく店、由比ヶ浜海浜公園となり、国道134号沿いのシードレスバー。

<7>中井と坂口が飲みにいく店、由比ヶ浜海浜公園となり、国道134号沿いのシードレスバー。


<7>中井と坂口が飲みにいく店、由比ヶ浜海浜公園となり、国道134号沿いのシードレスバー。

<7>中井と坂口が飲みにいく店、由比ヶ浜海浜公園となり、国道134号沿いのシードレスバー。

<8>中井貴一(長倉和平)と長谷川京子(原田薫子)が弁当を食べる車両
由比ヶ浜海浜公園にある通称タンコロです。子供の頃に走っていた江ノ電の100型車両が展示され、確か9:00〜16:00まで入れます。雨の日は閉まっていたように思います。いまの新しい車両はこれに比べるといかにもパソコンで線を引いてつくりましたという感じで全く逞しさが感じられません。中身だけ変えて100型を復活すれば江ノ電人気は一層高まると思うのですが。

<8>中井と長谷川が昼食をとる展示車両。由比ヶ浜海浜公園のタンコロ。

<8>中井と長谷川が昼食をとる展示車両。由比ヶ浜海浜公園のタンコロ。


<8>中井と長谷川が昼食をとる展示車両。由比ヶ浜海浜公園のタンコロ。

<8>中井と長谷川が昼食をとる展示車両。由比ヶ浜海浜公園のタンコロ。

<9>中井貴一(長倉和平)が小泉今日子(吉野千明)とドラマロケ地について話す場所
鎌倉市役所です。樹々の具合を見ると6月の撮影のように思います。

<9>中井と小泉がドラマロケ地について話す、鎌倉市役所。

<9>中井と小泉がドラマロケ地について話す、鎌倉市役所。

<10>あじさいと江ノ電の挿入カット
御霊神社。御霊神社の門前は江ノ電がかすめて走ります。その線路両側にはあじさいが植えられており、江ノ電、古社、あじさい、という力強い鎌倉感から撮影スポットともなっています。

<10>あじさいと江ノ電の挿入カット 。御霊神社です。<10>あじさいと江ノ電の挿入カット 。御霊神社です。

<10>あじさいと江ノ電の挿入カット
。御霊神社です。<10>あじさいと江ノ電の挿入カット
。御霊神社です。

<11>小泉今日子(吉野千明)と内田有紀(長倉万理子)が歩く鳥居前
二人は徹夜明けの帰り。厳密にいうと極楽寺駅から帰ってきていますから、この方向はおかしいです。これは長谷駅からのルートですから。それにしても内田有紀はとてもよい年のとり方をしている魅力的な女性です。

<12>小泉と内田が帰宅する、御霊神社前。

<12>小泉と内田が帰宅する、御霊神社前。

『続・最後から二番目の恋』公式HPはこちら