スポンサー広告

神社

熊野神社の本殿。

熊野神社

朝比奈切通しにある熊野神社。山深く、とても静かです。かつて六浦港と鎌倉市中を結ぶ主要道であった朝比奈切通しを通った人々も頭を垂れたことでしょう。

舞殿と本宮。散歩するにも写真を撮るにも朝一番がベスト。

鶴岡八幡宮

鎌倉を象徴するものはたくさんありますが、やはりここ、鶴岡八幡宮が一番でしょう。日本三大八幡宮、武家の守護神として厚い信仰を受けてきました。源平池の桜や紅葉なども楽しめますし、境内にある鎌倉国宝館もぜひいっておきたい場所です。

銭洗弁財天の奥宮。ここで銭を洗います。

銭洗弁財天宇賀福神社

源氏山にある銭洗弁財天宇賀福神社。修学旅行やツアーに人気があり、いついっても賑わっているところです。源頼朝の縁起の良い夢を元に開かれたといわれています。鎌倉名水の銭洗水で不浄なお金を清めることができます。

入口の門、奥に本殿が見えます。

荏柄天神社

仏像や画などは鎌倉時代から残るものが結構ありますが、数々の災害によって鎌倉に中世の建物はほとんど残っていません。その数少ない一つが荏柄天神社の本殿です。また、境内にある大銀杏は鶴岡八幡宮の大銀杏なきいま、鎌倉一の大銀杏となっています。

源氏と鎌倉の記念碑的史跡は、住宅街にぼんと佇んでいます。

由比若宮(元八幡)

由比若宮(元八幡)。平安時代に河内源氏、源頼義が前九年の役で東北に赴く際、この地に石清水八幡宮をお祀りしました。これを移して大きくしたのが鶴岡八幡宮、そのため元八幡といわれます。

鳥居をくぐると広々とした空間があります。

鎌倉宮

「武家の古都、鎌倉」のキャッチコピーで世界遺産を狙う鎌倉ですが、ここ鎌倉宮は、鎌倉幕府(武家政権)打倒に尽力し、悲劇の最期を遂げた護良親王を祀る神社です。

浄妙寺脇の岡の上にたつ鎌足稲荷社。

鎌足稲荷社

鎌足稲荷社。夫れ相模の国鎌倉は、郡の名にして、大織冠鎌子丸(藤原鎌足)の時、霊夢によって、鎌を埋むの地なり。この故に郡の名とす。

社殿。奥に本殿があります。

甘縄神明神社

奈良時代に遡る鎌倉最古の神社、甘縄神明神社。かの名僧・行基が草創し、源頼義、義家、頼朝の崇敬も集めました。

御霊神社本殿。小道の奥にあるゆったりとした境内は鎌倉らしい雰囲気です。

御霊神社(鎌倉権五郎神社)

平安時代に鎌倉や湘南地域一帯を領地とした鎌倉権五郎景正を祭神とする御霊神社(鎌倉権五郎神社)。鎌倉武士の鑑とされた剛毅、勇名な武将です。広く閑静な境内はいつ訪れてもほっとします。

お稲荷様らしい風景。

佐助稲荷神社

源頼朝の吉夢を元に創建された佐助稲荷神社。佐助の静かな谷戸にたっています。頼朝の吉兆に由来するのは銭洗弁財天が有名ですが、こちらも鎌倉らしい風情のあるお社です。

Page 1 / 212
スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

977人の購読者に加わりましょう

PR

本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。