熊野神社

(くまのじんじゃ)

朝比奈峠、山中にある静かな聖域

朝比奈切通しにある熊野神社。山深く、とても静かです。かつて六浦港と鎌倉市中を結ぶ主要道であった朝比奈切通しを通った人々も頭を垂れたことでしょう。

エリア浄明寺・十二所
住 所横浜市金沢区朝比奈町(朝比奈切通しの鎌倉市と横浜市の境界付近)
主祭神速玉男之命、伊邪那岐命、伊邪那美命 
創 建1085年頃?
開基源頼朝
アクセス「鎌倉駅」よりバス、「十二所神社」下車、徒歩30分 ※「十二所神社」バス停の一つ前が「十二所」バス停です。こちらで降りないようご注意ください。

熊野神社の本殿。

熊野神社の本殿。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索

源頼朝が鎌倉の鬼門に当たるこの地に、朝比奈切通しの整備に際して守護神として熊野三社大明神を勧請したといわれています。江戸時代の元禄年間に再建され、安永、嘉永にも修復を加えたとのことです。

朝比奈切通しの中程、鎌倉市と横浜市の境界に少し横浜市がわにあります。山中にあるため大変静かな場所です。横浜市の古木指定を受けたスジダイやスギ、イチョウなどの古木があります。神社の裏手の道は十二所果樹園や三郎の滝まで続いています。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です