〈花木〉大木・老木

鎌倉の雰囲気を作ってる大切な要素は自然。木、林、森、土、海があるからよいのです。鶴岡八幡宮背後の山の宅地開発を大佛次郎が現在の公益財団法人風致保存会を作って阻止したことは、本当に感謝にたえません。

かつて鎌倉の大木といえば鶴岡八幡宮の大銀杏でした。子供時分に大銀杏とともに記念写真を撮ったり、友人と抱きついてみたりと親しみ深い大木でしたが、いまは倒れてしまいました。その後鎌倉一の大銀杏の座は荏柄天神社の銀杏になりました。鎌倉には銀杏の他にも、すだ椎(スダジイ)、槙(マキ)、伊吹(イブキ、別名は柏槙=ビャクシン)、椨(タブノキ)、楠(クスノキ)などの大きな木が見られます。大きな木、というのは何か本能的に人をひきつける力があります。

建長寺、開山の蘭渓道隆手植えのビャクシン。樹齢750年にもなる大木です。

建長寺、開山の蘭渓道隆手植えのビャクシン。樹齢750年にもなる大木です。

現在地
ルートを検索

写真は下のギャラリーにあります。
施設名をクリックすると施設の詳細情報、花木名をクリックすると花木の詳細情報が表示されます。
地図の指定は境内でもその木がある場所になっています。拡大してご利用ください。

鎌倉文学館すだ椎(スダジイ)

鶴岡八幡宮柏槙(ビャクシン)

鶴岡八幡宮の槙(マキ)

荏柄天神社の銀杏(イチョウ)

瑞泉寺の冬桜(フユザクラ)

安養院の槙(マキ)

光則寺海棠(カイドウ)

光則寺の梅(ウメ)

英勝寺の唐楓(トウカエデ)

御霊神社椨(タブノキ)

浄光明寺の槙(マキ)

浄光明寺柏槙(ビャクシン)

建長寺柏槙(ビャクシン)

円覚寺柏槙(ビャクシン)

浄智寺立彼岸(タチヒガン)

浄智寺の高野槇(コウヤマキ)

大木・老木フォトギャラリー

関連記事

  • 海南神社海南神社 海南神社は三浦一族の祈願所であり、三浦義明は源頼朝挙兵をこの神社で占ったといいます。平氏を打倒し鎌倉幕府を開いた頼朝が寄進した大銀杏がある三浦半島の総鎮守であり、そのゆかりは遠く […]
  • 2014 鎌倉 海の家で遊ぶ 由比ヶ浜&材木座2014 鎌倉 海の家で遊ぶ 由比ヶ浜&材木座 鎌倉の海の家はすっかり様変わりしました。料理は美味しくなり、外装や内装も洒落ており夜も営業しています。ここ10年ほどの間に地元の人間も夜一杯やったり食事するような場所になりました […]
  • 牡丹(ボタン)牡丹(ボタン) 牡丹(ボタン) (ぼたん) 古くから愛された花の王 ボタン科の落葉小低木。大昔、中国から入ってきた牡丹は日本でも古くから観賞用として […]
  • 小手毬(コデマリ)小手毬(コデマリ) 小手毬(コデマリ) (こでまり) 愛らしい様が人気、別名スズカケ 開花時期4月 主な見所浄妙寺、長谷寺、海蔵寺 […]
  • 石楠花(シャクナゲ)石楠花(シャクナゲ) 石楠花(シャクナゲ) (しゃくなげ) ツツジ科の植物。ツツジより早く、桜の頃から咲き始めます。ツツジより柔らかい雰囲気が独特の魅力を感じさせます。 […]
  • 諸葛菜(ショカッサイ)諸葛菜(ショカッサイ) 諸葛菜(ショカッサイ) (しょかっさい) 寺社やハイキングコースに多くみられる諸葛菜。梅が終わった春の季節に薄紫の花を咲かせます。 […]
スポンサー広告