諸葛菜(ショカッサイ)

(しょかっさい)

寺社やハイキングコースに多くみられる諸葛菜。梅が終わった春の季節に薄紫の花を咲かせます。

開花時期3月下旬〜4月中旬
主な見所瑞泉寺十二所果樹園英勝寺光触寺

瑞泉寺の諸葛菜(ショカッサイ)。梅林を覆うように咲いています。

瑞泉寺の諸葛菜(ショカッサイ)。梅林を覆うように咲いています。

アブラナ科の植物。寺社の境内やハイキングコースなどにも群生しています。高さは20〜50cm程になり、3月下旬〜4月中旬に薄紫色の花を咲かせます。ショカッサイ、ハナダイコン、オオアラセイトウなどといわれます。鎌倉では諸葛菜(ショカッサイ)と呼ばれることが多いようです。

中国から輸入された園芸種が半ば野生化しました。1894年に初めて記録があり1939年から各地に広がり、現在ではほぼ日本全土にみられます。すっかり日本の寺社などに根付いていますが、意外に最近入ってきた花なのです。

観賞用の他に油の採取にも利用され、絶滅寸前だったスジグロシロチョウが好んだため、その生息域拡大に貢献したそうです。

諸葛菜フォトギャラリー

関連記事

  • 牡丹(ボタン)牡丹(ボタン) 牡丹(ボタン) (ぼたん) 古くから愛された花の王 ボタン科の落葉小低木。大昔、中国から入ってきた牡丹は日本でも古くから観賞用として […]
  • 石楠花(シャクナゲ)石楠花(シャクナゲ) 石楠花(シャクナゲ) (しゃくなげ) ツツジ科の植物。ツツジより早く、桜の頃から咲き始めます。ツツジより柔らかい雰囲気が独特の魅力を感じさせます。 […]
  • 小手毬(コデマリ)小手毬(コデマリ) 小手毬(コデマリ) (こでまり) 愛らしい様が人気、別名スズカケ 開花時期4月 主な見所浄妙寺、長谷寺、海蔵寺 […]
  • 著莪(シャガ)著莪(シャガ) 中国から大昔に入って来たといわれます。種子が発生しないことから日本にある全ての著莪(シャガ)は同一の遺伝子を持っています。そのため、人の手の入っていないところには自生しません。著 […]
  • 立彼岸(タチヒガン)立彼岸(タチヒガン) 彼岸桜ともいわれるタチヒガン(立彼岸)はエドヒガン(江戸彼岸)の別名。桜より若干早く咲きます。鎌倉では浄智寺のタチヒガンにつきるという感じです。 […]
  • 杜若(カキツバタ)杜若(カキツバタ) 湿地を好むアヤメ科の多年草で初夏に濃紫色の花を開きます。菖蒲と杜若は「どちらが菖蒲か杜若か」といわれるほど見分け難いです。杜若は中央に黄や白の斑紋があります。園芸用に品種改良され […]
スポンサー広告