スポンサー広告

三宝祖師

ここは観光するところではない、と鎌倉の寺社の中で唯一観光協会に加盟していない上行寺さん。仏の道を示す場所です。平成25年(2013年)〜平成26年初め頃、修復が行われてきれいになりました。個人的に何となくこの門の雰囲気に愛着があるので、写真は昔のままになっています。

上行寺

大町四ツ角近くにある日蓮宗のお寺さん上行寺。御本尊の三宝祖師の他、瘡守稲荷や鬼子母神も祀られ御利益豊かです。本堂内は敷居や柵で仕切られることなく、間近で心を込めて参拝することができます。

本堂に掲げられた「龍口山」の額。

勧行寺

のどかな腰越の住宅地にある腰越六寺のひとつが勧行寺です。海中文殊菩薩の伝説も残ります。

妙典寺本堂。

妙典寺

腰越六寺として日蓮宗の聖地・龍口を支えた妙典寺。創建の天目は同じ鎌倉の本興寺も創建しました。

本成寺本堂。

本成寺

腰越の住宅地にひっそりと建つ、日蓮宗のお寺さん本成寺。腰越六寺として日蓮宗の聖地・龍口を支えた歴史があります。

妙長寺本堂。

妙長寺

泉鏡花が数か月滞在した材木座にある日蓮宗のお寺さん妙長寺。泉鏡花の作品にも登場します。日蓮の法難を助けた漁師の子が僧侶となり開山したと言われています。

本堂。日蓮宗辻説法由緒の地です。

本興寺

日蓮上人辻説法に由緒があるお寺さん本興寺。江戸時代、27世日経が不受不施を説いたことから寺院は取り壊されました。その後、由緒地の衰退を嘆いた妙本寺の日逞が妙本寺の末寺として再建しました。

妙本寺近くにある小さなお堂に大きな歴史のドラマが刻まれています。

常栄寺(ぼたもち寺)

1271年日蓮上人は幕府の武士や敵対する人々に捕らえられ、龍の口刑場にて処刑寸前の危機に遭います。刑場へと引き回される日蓮上人。常栄寺(ぼたもち寺)は最後の供養にとぼたもちを差し出した桟敷の尼の信心行が日蓮を救ったとして建てられたお寺さんです。

啓運寺

材木座、水道路の近くにある日蓮宗のお寺さん啓運寺。お堂がひとつぽつんとあり、あまり手入れもされていないような感じですが、かつて黒田清輝がアトリエにしたといわれています。

スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

977人の購読者に加わりましょう

PR

本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。