スポンサー広告

日蓮宗

仏行寺境内。背後が山ですから、無粋な近代建築や電線がありません。

仏行寺

仏行寺は、名将 梶原景時の嫡男、梶原景季ゆかりの寺院であり、笛田の静かな住宅地にあります。背後が山ですから、無粋な近代建築や電線がありません。

法勝寺境内。

法勝寺

法勝寺はJR「東逗子駅」周辺の逗子市沼間一帯は、その昔沼浜郷と呼ばれ武士の屋敷がいくつかあったそうです。「鎌倉」を開いた源頼朝の父、義朝の邸宅は法勝寺のあたりにあったといわれています。

法源寺本堂。

法源寺

龍ノ口法難の聖地、龍口寺の裏山にある法源寺(ぼたもち寺)。ぼたもち伝説をうんだ桟敷の尼の実家の菩提寺であったそうです。龍口寺を守った龍口寺輪番八ケ寺の一つ。

収玄寺本堂。

収玄寺

日蓮四大法難の一つ、龍ノ口法難において日蓮とともに殉死を覚悟したという、北条(江間)光時の家臣、四條金吾頼基の屋敷跡に建てられた寺院です。東郷平八郎元帥の揮毫が残ります。

妙法寺、苔の石段。ここに立つことは、歴史と自然の静寂を感じる至福の時です。

妙法寺

第11代将軍徳川家斉が度々訪れ、徳川御三家、肥後細川家の崇敬と庇護を受けた日蓮宗のお寺が妙法寺です。松葉ヶ谷草庵跡とよばれる場所のひとつ。中興開山、護良親王の子、日叡が諸堂を創建しました。

薬王寺境内。

薬王寺

閑静な扇ガ谷の地にある薬王寺は、日蓮から京都布教を託された日像が開山し、徳川家ともゆかり深いお寺です。

祇園山を挟んで妙本寺の反対側あたりに大寳寺はあります。大町のとてものどかな場所にあります。大町四ツ角を名越方面に歩き、川の手前を左折していきます。

大寳寺

新羅三郎義光が館を構えた場所。その子孫佐竹氏もまた同地に屋敷を構え、南北朝から室町期の11代当主佐竹義盛が出家して多福寺を建立しました。1444年に日出上人によって再興され日蓮宗多福山大寳寺となりました。

霊光寺。七里ケ浜の静かな山間にあります。

霊光寺

干ばつに苦しむ民衆を法力で救ったという日蓮雨乞い伝説のある霊光寺。1271年、干ばつのため時の執権北条時宗に雨乞いを命じられた極楽寺の忍性は雨を降らせることができず、かわって日蓮がこの地に立って「南無妙法蓮華経」と唱えると雨に恵まれたといいます。

龍口寺本堂。1832年(天保3年)に建てられました。間口12間、奥行き15間あります。神奈川県を代表する木造大型建築物です。

龍口寺

龍ノ口法難の霊場として名高い日蓮宗霊跡本山である寂光山、龍口寺。江ノ島のほど近くにある霊験あらたかな寺院です。

法性寺本堂。右手の道は日蓮廟所、大切岸、名越切通しへと続いています。

法性寺

1260年(文永元年)10月、日蓮聖人が松葉ヶ谷草庵の焼討ちにあった際、白猿が日蓮をこの地まで導いたといわれています。日蓮六老僧の一人、名僧日朗の墓所でもあります。

Page 1 / 3123
スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

976人の購読者に加わりましょう

PR

本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。