スポンサー広告

三浦一族

源頼朝を助け鎌倉幕府の大勢力となった雄族・三浦氏

源頼朝による武威の王国「鎌倉」創成にとって三浦氏は大きな力となりました。三浦氏の祖、村岡(三浦)平太夫為通は源頼義に従って前九年の役を戦った功により1063年(康平6年)源頼義より三浦の地を与えらたことから三浦姓を名乗り、衣笠城を築きました。

そのため、満昌寺近辺には三浦氏に関連する史跡が点在しています。

三浦氏の代表的な人物

三浦為通(1010?-1083?)

三浦氏の祖とされます。桓武天皇の孫、高望王が平高望と平性を名乗り、その子平良文の曾孫、平忠通の子が三浦為通。上述の通り源頼義から前九年の役の功により三浦の地を与えられました。

三浦為継(生没年不明)

為通の子。源義家による後三年の役に従い功を立てた。

三浦義継(1067-1159)

相模国三浦郡を治め三浦介を称し在庁官人として活躍。その後相模介となり、相模国の東側と安房地域に大きな勢力を張りました。

三浦義明(1092-1180)

義継の嫡男。次男で後継ぎの義澄を伴い、保元・平治の乱(1156・1160)を源義朝に従って戦いました。平治の乱で源義朝方は敗れ、義明は京都から落ち延びて三浦に戻ります。以後、大番役のために上京する際に伊豆に配流となっていた源頼朝を訪ねます。頼朝が挙兵するとこれに応じますが、石橋山の合戦において頼朝が敗れると衣笠城の籠城戦を戦い、頼朝を助けよと一族を安房国に逃し一人老身を捧げました。

三浦義澄(1127-1200)

義明の次男。義明の後を継いだ。源頼朝の中心的勢力の一人として治承・寿永の乱を戦い、鎌倉武家政権成立後は宿老として重要な役割を果たします。頼朝の死後、頼家の代からは十三人の合議制の一人となって幕政を支えました。

三浦義村(?-1239)

義澄の嫡男。三浦一族の長として幕政に重きをなし、評定衆をつとめるなど活躍しました。

三浦泰村(1184-1247)

義村の次男。武勇に優れ、父義村とともに承久の乱を戦った。執権北条泰時から泰の一字をうけたのみならず、泰時の娘を娶ります。1238年からは評定衆の一人となり幕政に重要な位置を占めます。源実朝暗殺後、摂関家からまねかれ第4代将軍となった九条頼経と親密となり、弟の光村が第5代将軍九条頼嗣に近づき、北条氏に敵対視されるようになり、1247年(宝治元年)泰村は挙兵し、北条時頼、安達景盛と戦って敗れ一族とともに法華堂の地で自害しました。

三浦氏の関連史跡

光念寺本堂。

光念寺

光念寺 (こうねんじ) 和田義盛の安房落ちを助けた筌龍弁財天 石橋山の合戦に敗れ、真鶴から安房へと落ち延びる源頼朝勢。後に鎌倉幕府侍所別当となった武勇の将、和田義盛もまたその中にいました。船上の飢えを救った漁具が後に義盛 …

東漸寺。

東漸寺(横須賀市)

東漸寺は三浦義明の五男、義季(義秀)が自身の屋敷を寺院としたと伝わります。源頼朝ゆかりのに日金地蔵を安置しています。

三浦十二天(十二所神社)境内。

十二所神社(三浦十二天)

三浦義明の弟、三浦為清の屋敷の守護として創建されたのが三浦十二天です。明治の神仏分離・廃仏毀釈以降、十二所神社となりました。

三浦大介腹切の松。公園に柵がつくられ史跡となっています。

三浦大介腹切の松

三浦大介腹切の松。1180年(治承4年)、源頼朝の挙兵に加わった三浦氏の当主、三浦義明は衣笠城合戦に敗れこのあたりにあった松の下で自害したと伝わります。

和田城址。現在は石碑と看板が残るのみですが、周囲の自然はまだ残されており往時を偲ぶことができます。

和田城址

三浦義明の孫、和田義盛は弓の達人として源頼朝挙兵以来数々の戦功を挙げ、鎌倉の武の長である侍所別当となりました。同時代、三浦の当主は義村、和田は義盛。義村は和田合戦において生き残るために義盛を裏切ります。もしこの時義盛と義村、三浦一族が団結していたら、今日の世は違った形になっていたかもしれません。

和田義盛旧里碑。一見するとただの町の公園か何かのよう。源頼朝とともに日本の歴史最大級の構造改革を成し遂げた侍の本拠地屋敷の跡とは思えません。

和田義盛旧里碑

鎌倉から逗子、葉山を過ぎて海岸線を約20km下った三浦市初声町和田に和田義盛旧里跡があります。源頼朝とともに挙兵し数々の戦功を重ねた勇者、和田義盛の本拠地です。三浦義明の孫として生まれた義盛は和田の地を領地としたことから和田を名乗りました。

薬王寺跡には年輪を感じさせる五輪塔があります。三浦義澄墓所です。

薬王寺跡

薬王寺跡は、平治の乱にも父三浦義明とともに参加し、源氏累代の家人として源頼朝の挙兵、幕府創成にも中心的役割を果たした三浦一族の当主、三浦義澄の墓所です。

衣笠城址。横須賀風物百選「衣笠城址」の標。

衣笠城址

平安以来、三浦半島と安房に勢力を張った三浦一族の居城が衣笠城です。源頼朝挙兵に源氏累代の家人として即座に応じた三浦一族は、酒匂川増水により石橋山合戦に間に合わず、衣笠城に籠城。平氏の大軍に囲まれます。

満願寺。山の近く、静かな住宅地に佇む岩戸山 満願寺。

満願寺

いまから830年の昔、打倒平氏の兵を挙げ治承・寿永の乱を治めた源頼朝は「鎌倉」という新しい概念とそして幕府を創成しました。満願寺を創建した佐原十郎義連は、三浦義明の子にして、頼朝に従い数々の功を成した勇者です。特に平家物語における一ノ谷の合戦「鵯越」一番乗りの伝説は有名です。

海南神社。千年の歴史を感じるお社は三崎公園から歩いてすぐです。

海南神社

海南神社は三浦一族の祈願所であり、三浦義明は源頼朝挙兵をこの神社で占ったといいます。平氏を打倒し鎌倉幕府を開いた頼朝が寄進した大銀杏がある三浦半島の総鎮守であり、そのゆかりは遠く清和天皇の御代(858-876)に遡ります。

Page 1 / 212
スポンサー広告
  • facebook
  • twitter

カテゴリー

鎌倉タイムをメールで購読!

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

976人の購読者に加わりましょう

PR

本サイトに掲載されている原稿・写真・独自情報に類するもの等すべてのコンテンツの無断掲載を禁じます。取材・原稿執筆・写真撮影/貸出など承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。