岩船地蔵堂

(いわふねじぞうどう)

大姫の悲しみを供養したお堂

歴史の荒波に翻弄された源頼朝の娘、大姫を供養する地蔵堂です。扇ガ谷の線路の側にあります。

エリア 駅周辺・八幡宮
住 所鎌倉市扇ガ谷3-3
本 尊地蔵菩薩

岩船地蔵堂
Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索

扇ガ谷の、昔は亀ヶ谷と呼ばれていた地に源頼朝の娘、大姫の供養堂があります。現在は海蔵寺の管理となっています。源頼朝の人質となっていた木曽義仲の子・義高に恋した大姫でしたが、木曾義仲は父・頼朝に討たれ、人質の義高もまた殺されます。大姫は、母・北条政子の必死の努力にもかかわらず、深い悲しみから20歳でこの世を去ってしまいます。木造と石造ひとつずつの地蔵尊が祀られており、見られるのは木造のみです。

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です